WordPressでのブログの始め方

甲種危険物取扱者の難易度と必要な勉強時間は?化学系大学院生が解説

甲種危険物取扱者の難易度と必要な勉強時間は?化学系大学院生が解説
  • 甲種危険物取扱者の試験難易度・合格率は?
  • おすすめの勉強法や参考書を教えて欲しい

今回は上記の疑問にお答えします。

どうも、なすび(@nasubi_toku)と申します。僕は化学系の学科に通い、友達とのノリと流れで大学4年生のときに「甲種危険物取扱者」の免状を取得しました。

画像

現在はそのまま化学系の大学院に進学して、日々化学についての研究をしています。

結論からいうと、甲種危険物取扱者の難易度は、思っていたよりもかなり低かったです。国家資格のひとつではありますが、適切な参考書を1冊買ってふつうに対策をすれば余裕で合格できると思います。

そこで今回は、甲種危険物取扱者の

  • 難易度・合格率
  • 受験資格
  • 勉強法・勉強時間
  • 取得するメリット

についてお話ししていきます。

これから甲種危険物取扱者の試験に挑戦しようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク
目次

甲種危険物取扱者の難易度と合格率

冒頭では、甲種危険物取扱者の難易度は低いとお話ししましたが、実際の合格率はどれくらいなのでしょうか?

実際に2014年から2018年までのデータをまとめてみました。

画像
出典:一般財団法人 消防試験研究センター

公式のデータによると、甲種危険物取扱者の合格率は30~40%くらいです。試験会場にいる3人に1人は合格できる計算。難易度としては、国家資格なのにぜんぜん高くないですね。

もう少し難易度を把握しやすくするために、資格偏差値をTOEICと比較してみました。

画像
画像

参考:資格難易度偏差値ランキング

TOEICで700点を取るよりも少し簡単ということは、おおよそTOEIC650点くらいの難易度でしょうか。

つまり、全く勉強しなければ難しいですが、1~2ヵ月くらい真面目に勉強すればそこそこ簡単に合格できるといったレベルです。

スポンサーリンク

甲種危険物取扱者に必要な受験資格

知っている方も多いとは思いますが、甲種危険物取扱者の試験を受けるには一定の条件を満たしていなければいけません。それがこちら。

画像
出典:一般財団法人 消防試験研究センター

僕は化学系の学科に通っている大学生だったので、(2)の「15単位以上習得した者」として試験を受けました。化学系の学生であれば、普通に大学に通っているだけで受験資格をクリアできます。

しかし、他の学科の学生でも工学部や農学部といった、化学に1ミリくらいは関係してそうな学科に通っている方であれば、卒業すると同時に受験資格が得られます。

大学に通っていない方は、甲種のひとつ下の位になる乙種危険物取扱者の免状を4つ以上もっていないといけないので、正直かなり面倒ですね。

おすすめの勉強法と実際にかかった勉強時間

ここからは、僕が甲種危険物取扱者の資格を実際に取得してときの、

  • おすすめの参考書
  • 勉強法と実際にかかった勉強時間

についてお話ししていきます。

おすすめの参考書

まずはおすすめの参考書をご紹介。

created by Rinker
¥2,852 (2019/11/18 12:26:38時点 楽天市場調べ-詳細)

試験会場に行ったら、この参考書を持っている方は意外と少なかったです。しかし、僕と一緒にノリで受験した友人たちも、この参考書だけを使って5人全員あっさりと合格できました。

この本は参考書というより、過去の受験者から集めた情報をもとに作られた、問題集といった感じです。実質的な過去問のようなもの。

消防法が改正されることはほとんどないため、毎年の試験問題はほぼ同じです。つまり過去問ができればそのまま合格できるということ。

僕が実際に試験を受けに行った当日は、

なすびなすび

この問題、見たことある!

という進研ゼミのような状態で無双できました。

この参考書さえ買っておけば、ホントに当日の問題はそのままなので、楽勝で合格できると思います。多すぎない問題数と簡潔な解説がまとまっているので、効率よく内容が頭に入りますよ。

勉強法と実際にかかった勉強時間

実際に先ほどご紹介した参考書を買って開いてみると、問題数の多さにちょっとビビります。しかし、コツコツと進めていけば1~2ヵ月くらいあれば余裕で終わらせることができるのではないでしょうか?

僕の場合は試験日の半年くらい前に参考書を購入して、試験日の2週間前くらいまで一切手を付けませんでした。笑

僕の勉強法としては、

  1. 問題を読む
  2. 問題で何が聞かれているのか分からなければ、まとめページを読む
  3. 問題に回答する
  4. 解説を読み、間違えた問題にはチェックを付ける
  5. ①~④を1周したら、チェックを付けた問題だけ再び解きなおす

上記のような流れでした。

僕は試験日の2週間前に勉強を始めて、最初の10日間くらいは1日2~3時間の勉強をしていましたが、試験が近づいてくると、

なすびなすび

このペースじゃ間に合わないんじゃね?

と思い、試験日の前日とその前の日はそれぞれ10時間くらい勉強をしました。すべての勉強時間を合計すると、僕の場合は多めに見積もって50時間くらいですね。

僕は1回目で確実に合格したかったので、ほぼ万全の体制だと感じるまで勉強をしましたが、そこそこの成績で合格したいだけならもう少し勉強時間は少なくても大丈夫だと思います。

甲種危険物取扱者を取得して感じたメリット

友人とのノリと流れで甲種危険物取扱者の資格を取得した僕ですが、結論からいうと、この資格を取得してから1年半、役に立った記憶は1度もありません。しいて言うならば、就活のエントリーシートに「甲種危険物取扱者 免状取得」と書けるくらいでしょうか。

僕はただの大学院生なので化学薬品の倉庫管理人になる機会もありませんし、甲種危険物取扱者の知識が自分の研究に役立つこともありませんでした。

そのため、「この記事を読んだ人は全員、甲種危険物取扱者の資格を取った方がいいよ!」なんて言うつもりは全くありません。とはいえ、せっかく大学で取った化学の単位を形として残したいならば、多少は受ける価値もあると思います。

  • 休みの日は特にやることがなくて暇
  • 大学生のうちに何かしらの資格を取っておきたい

といった方は受けてみても良いのではないでしょうか。さすがに国家資格なので、無いよりはあった方がマシだと思います。

まとめ:甲種危険物取扱者の資格でメシは食えない

というわけで今回は、甲種危険物取扱者の

  • 試験難易度
  • 合格率
  • おすすめ参考書・勉強法
  • メリット

上記をまとめてお話ししてきました。結論としては、甲種危険物取扱者の資格を取ったからといって、手に職を持つことができる訳ではないといった感じです。

そのため、「甲種危険物取扱者の資格を使って就職するぞ!」とまで考えるのではなく、あくまでも「大変よくできましたシール」くらいの感覚で資格を取得することをおすすめします。

資格を持つことによって得られるのはスキルではなく、権利だけです。個人的な意見としてはTOEICで700点を目指す方がコスパが良いと思っています。

最後は危険物取扱者の悪口みたいな感じで終わってしまいましたが、立派な国家資格であることは間違いないので、受験資格のある方はぜひ取得を目指してみるのもいいのではないでしょうか。

今回は以上です。それではまた!

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

関連記事

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
目次