MENU
カテゴリー
過去の記事
なすび
勤め人卒業したい
26歳、社会人2年目。院卒からのキャリアを模索しつつ生産技術職として働いてます。現在目指しているキャリアは不動産賃貸業での独立。(目標:30歳までに5棟10室)【経歴】国立大→大学院→大手自動車メーカー|FP3級|TOEIC745点|甲種危険物取扱者|趣味は筋トレと読書とブログ。最近はラジオ配信もやってます。
大学院生におすすめの副業はこちら »

本業と副業どっちも全力で挑戦してみたら、仕事のコツを掴めました

本業と副業どっちも全力で挑戦してみたら、仕事のコツを掴めました
  • URLをコピーしました!
なすび

どうも、なすびと申します。

僕は院卒で自動車メーカーに就職し、生産技術職として働きながら副業に挑戦している27歳です。(2022年7月現在)

僕が今挑戦している副業は下記の2つ。

  1. ブログ運営
  2. 不動産賃貸業

上記のうち、学生の頃からコツコツと勉強や貯金を続けてきて、約3ヶ月前の2022年4月、ついに物件を購入し始動した不動産賃貸業。
»【社会人3年目】現状の働き方とこれから目指すべき働き方について

これがめちゃくちゃ楽しいです。

DIYリフォームや入居者募集など、賃貸業周りの経験についてはTwitterでも下記のような感じで発信しています。

今までのブログ運営とは全く違う業種で新鮮なことも多く、毎週、休日に働くのが楽しみになっています。

一方、本業の方もなかなか順調でして、ついこの間、仕事のストレスで適応障害だと診断されたのが嘘のようです。
» 仕事を頑張りすぎて、適応障害になりました【社会人3年目の経験談】

これも副業が順調に進んでいるからなのかな、と感じています。

そこで今回は、副業の中で得られる経験や、副業が本業に及ぼす良い影響についてまとめてみました。

若手サラリーマンで、「会社の仕事を頑張っても大して給料は増えないしなあ」と感じている方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク
目次

副業の経験は本業にも必ず活きてくる

僕は副業をガチるようになってから、明らかに本業でも良い成果を上げられるようになりました。

つまりこの記事で言いたいのは、副業の経験は本業にも必ず活きてくる、ということです。

その中でも、僕自身が副業の経験を通じて強く実感したことは下記の3つ。

  1. 利益の上げ方を考えるようになる
  2. 事前準備の大切さ
  3. 「仕事の進め方」に業種は関係ない

まずは上記3点について、順番に説明していきますね。

①:どうやって利益を上げるか

そもそも、副業をする目的って何でしょう。

なすび

僕が第一に考えるのは、もちろん「お金」です。

それはたぶん今この記事を読んでいるあなたも同じだと思います。

ただ、この目的を達成するためには、利益を上げないといけません。

つまり、僕が副業における目的を達成するためには、利益の上げ方を考えることからは逃げられない、ということです。

ビジネスモデルの理解と商品作り

冒頭でもお話したように、僕が現在取り組んでいる副業は

  • ブログ運営
  • 不動産賃貸業

の2つです。

それぞれのビジネスモデルを簡単に説明すると、ブログ運営は自分のWebサイトで商品を紹介し、読者に購入してもらうことによって報酬を得る広告業。

既存の(他人が作った)商品を顧客に紹介して販売するプロセスのみにしか関わりません。

なので、自分のリソースを投入して改善できるのは販売プロセス(Webサイトの設計や紹介文など)だけで、商品そのものの価値を上げることはできない。

一方、不動産賃貸業は、自分の”所有”する物件に「住んでいいよ」という権利を販売する賃貸業という商売です。

物件は自分自身の商品なので、お金をかけて物件を綺麗にしたり、リフォームすることで商品そのものの価値を上げることができる。

つまり、ブログ運営では「他人が作った商品を、自分で紹介して売る」というビジネスモデルだったのに対して、不動産賃貸業では「自分で商品を作って、売る」というビジネスモデルになるわけです。

なすび

利益の上げ方を考えるためには、こうしたビジネスモデルに対する理解が欠かせません。

ビジネスモデルについての理解を深めることができるようになると、仕事を進めていく中で、

  • 自分にできることは何か
  • どんな行動が利益に繋がるのか

を見極められるようになります。

先ほどの話を例にあげると、ブログ運営では商品そのものの価値を自分で上げることはできない。

だから考えるべきなのは、商品ではなく販売プロセスを改善すること。

じゃあWebサイトの設計や記事をもっと見やすくしようか、と言った感じで、自分にできることと利益の上げ方を判断できるようになります。

なすび

僕がこの考え方を身につけられたのは、副業に挑戦していたからこそだと思います。

②:事前準備の大切さ

副業に挑戦する中でめちゃくちゃ重要だと感じるようになったことの1つは、事前準備です。

これは特に不動産賃貸業で物件をリフォームしている時に実感しました。

僕は自分の物件をDIYでリフォームしているので、工具や資材を自分で用意しなければなりません。

となると、ボロい箇所を自分のイメージした綺麗な状態にするためには、どんな工具と資材が必要なのか、ということを考える必要が出てきます。

週末の土日で部屋の壁紙を貼り替えたいと思ったら、その日までに必要分の壁紙と道具を揃えておかなければ何も作業ができないんです。

なので、僕は本業が終わって家に帰ってからネットで調べたりして、下記のような流れで事前準備を進めています。

  1. リフォームのイメージを考える
  2. それが素人のDIYでも可能なのか調べる
  3. 事前に現地の採寸を済ませておく
  4. 必要な工具と資材を調べる(サイズや規格を間違えないように)
  5. 作業日に間に合うように発注する
  6. リフォームのやり方を調べる
  7. 当日、いざ実践!

といった感じで、①~⑥の事前準備がなければ、当日の作業は全く捗りません。

捗らないというより、そもそも本当に何も作業を進められないんです。

なので、僕は週末に向けて、備品の購入リストや当日のやることリストを準備した状態で当日の作業に臨みます。

それだけ準備しても、作業中には分からないことが出てくるので、その都度ググって何とか自分なりにリフォームする。

なすび

副業でこの仕事の進め方ができれば、きっと本業でも上手く成果を上げられると思います。

とまと

やっぱり準備は大事だよね~

③:「仕事の進め方」に業種は関係ない

僕は新卒で自動車メーカーに入社して現在も働いていますが、副業はWebサイト運営に不動産と、ぶっちゃけ全然本業とは関係ない業種です。

「何で自動車メーカーなのに不動産なの?」と聞かれることもしばしば。

それでも僕は、仕事で成果を上げるために重要な要素というのは業種に関係なく、基本的には共通していると思っています。

それが先ほどお話しした、

  1. 利益の上げ方を考え、実践する力
  2. 入念な事前準備

この2つです。

副業で成果を上げるために努力することで、本業でめんどくさいなと思う仕事の重要性が徐々に分かってきました。

そして本業で口うるさく言われていることは大体この2つに繋がっていて、日々「なるほどなあ~」と1人で勝手に感心しています。

業種に関わらず、仕事で重要なことは基本的に同じ。

だからこそ副業の経験は本業にも必ず活きてくる、そう思えるようになりました。

スポンサーリンク

副業のための本業、本業のための副業

副業から小さく始めていずれは独立、というルートを辿るにしても、独立するまでは本業と付き合っていかなければなりません。

前半では僕の実体験を通して、副業の経験が本業に活きてくる場面についてお話ししてきました。

これがちょっと熱が入りすぎて長くなってしまったので、ここからは端的に、本業と副業それぞれとの付き合い方についてお話ししていきますね。

副業ありきの働き方

過去のブログ記事やラジオ配信でもお話ししていますが、僕は副業に挑戦して本当に良かったと感じています。
» 副業を始めるタイミングはいつがいい?【経験者が注意点を解説】

本業と副業どっちも全力で挑戦してみたら、仕事のコツを掴めました

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

なすびのアバター なすび 勤め人卒業したい

26歳、社会人3年目。院卒からのキャリアを模索しつつ生産技術職として働いてます。現在目指しているキャリアは不動産賃貸業での独立。(目標:30歳までに5棟10室)【経歴】国立大→大学院→大手自動車メーカー|FP3級|TOEIC745点|甲種危険物取扱者|趣味は筋トレと読書とブログ。最近はラジオ配信もやってます。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次